• 097-569-1730
  • 097-594-1750
〒870-0942 大分県大分市大字羽田988番地2
suginoko@elf.coara.or.jp

幼稚園の想い

すぎのこ幼稚園の理念

三つ子の魂百まで

人は誰かに喜ばれるために生まれてきています。
すぎのこ幼稚園は教育を通じて子どもたちに将来幸せになってほしいと思っています。
「子どもたちの未来の為、将来の幸せの実現の為」存在していると思っています。

「知育・徳育・文育及び感性の芽生えの調和をはかり、21世紀にはばたく人材を育てる。」 ことを大事にしながら子ども達の幼児教育を行う幼稚園です。

そして根底に置いているのは、「三つ子の魂百まで」という考え方です。 人間の脳が一番発達するのは10歳くらいまでです。 そんな一番成長する時期に周囲からの愛情に包まれ安心できる環境の中で育てられ子どもたちを最適な環境で伸ばしていくことを考えています。

すぎのこ幼稚園の役割

すぎのこ幼稚園は、滝尾校区に私立の幼稚園がなく、幼稚園のまわりが田んぼだらけだった時に阿部靖博前園長が昭和49年3月に開園しました。
創立当初から、阿部前園長が幼児教育を重視した園を運営してきました。
保育だけではなく教育をする幼稚園を実践して行ってきました。

幼児教育ほど人間形成に影響するものはありません。
当園では幼児教育を人作りのための苗作りと位置づけ、質の高い教育・本物の幼児教育を追求し、日々実践を試みています。

すぎのこ幼稚園の子どもたちには、お勉強をしているという感覚はありません。
「遊びは学ぶ力を創る」これがすべての教育活動の基本的な考え方です。

『自分で乗り越える力を持ち、人とつながり、幸せに人生を歩く力を与える教育をする。』
それがすぎのこ幼稚園です。